幼児 サプリメント dha

幼児用DHAサプリメント決定版!【頭が良くなる!幼児用サプリ】

このサイトでは小さなお子様、幼児の脳細胞の成長や神経細胞の伝達を促し、頭の良い子に育てるのに非常に効果の高い「DHAのサプリメント」についてお話します。

 

よく聞くDHAって何なの?


本当に幼児にDHAが必要なの?
お魚食べてればいいんじゃないの?

 

という皆さんのお役に立てれば嬉しく思います。

DHAって何?

最近よく耳にするようになったDHAという言葉。
DHAは魚または青魚の中にたくさん含まれています。
これは皆さんもよくご存知かも知れませんね。

 

もう少し正確に言うと魚の脂の中に多く含まれる成分です。
魚の脂は人の体内で固まらない不飽和脂肪酸です。
血液をサラサラにしてくれる効果があります。

DHAは魚の脂にたくさん含まれています。
サバやイワシ、サンマやアジなどです。
いわゆる青魚と呼ばれる魚ですね。

 

DHAの正式名称をドコサ・ヘキサエン・酸(アシッド)といいます。
Docosa・Hexaenoic・Acidの頭文字を取ってDHAです。

 

このDHAは私達にとって非常に大事な栄養素なんです。
ところが体内では合成出来ないので外部からの摂取が必要です。

幼児にもDHAが必要?

DHAは体の健康や頭脳への効果があるとして注目されています。
その中でも特に子供に良いとされる効果があります。
それは、

 

  • 子供の学習能力や記憶力を向上させる
  • 運動全般の能力をあげる
  • 視力が下がるのを防ぐ
  • 乳児、幼児の脳細胞や神経を発達させる
  • 判断力、集中力を向上させる

 

 

日本の子供の知能指数は世界的に見て高い方です。
それは他の国より魚をよく食べるからだと言われています。
しかし、最近は以前と比べ食生活もだいぶ変わってきました。
お魚よりも肉を食べる機会のほうが多くなっています。

本来であれば、食事からDHAを摂取できれば一番いいのです。
ですが現代の日本人の平均的な食事ではちょっと無理です。
1日に必要な半分も取れません。

 

小さなお子さん、幼児の体や脳細胞は日々ドンドン成長しています。
とっても大事な時期なんです。
この大事な時期にしっかりと、必要な量のDHAをとることが重要です。
普段の食事に加え、サプリメントでDHAを補いましょう。

DHAのサプリメントは子供用・幼児用に特化して開発されたものがあります。
これらを賢く利用してお子様の成長を応援してあげましょう。

幼児用のDHAサプリ ランキング

 

幼児用DHAサプリメント1位 親子100組の声から生まれたキッズサプリ の特徴


キッズサプリの特徴は、

 

  • 健康食品等の有名企業、AFCのサプリメントです
  • 日本予防医学研究所と100組以上の親子の意見が採用されています
  • 成長・勉強・免疫のカルシウム、DHA、乳酸菌それに加えて野菜、鉄を配合
  • 人気のパイナップル味で3歳くらいから喜んで食べてもらえます
  • 放射性セシウムのスクリーニング検査を実施
  • ママでも食べられます。授乳中でも安心です
  • 品質と衛生は厳重管理、厳しい検査で安心・安全

 

といった感じです。


 

価格 通常購入の場合1800円
評価
備考 3個セットで1600円/1個

6個セットで1400円/1個
定期便で1440円/1個

幼児用DHAサプリメント1位 親子100組の声から生まれたキッズサプリの総評

 

特に3歳くらいからの幼児のお子さん向けのDHAサプリメントです。
カルシウムと乳酸菌、野菜、鉄分もバランス良く入っているのが素晴らしい点です。大勢の親子がモニターとなって開発された製品という部分が決め手でしょう。

 

人気、実力共にナンバーワンの幼児向けDHAサプリといえます。
価格も良心的です。

 

 

 

幼児用DHAサプリメント2位 Dr.Dekisugi の特徴


Dr.Dekisugiの特徴は、

 

  • 1日6粒でDHA・EPAが500mg取れます
  • DHA・EPAとの相乗効果を起こす頭脳活性成分ホスファチジルセリンを200mg配合
  • ストレス環境をサポートするGABAを30r配合
  • 1日6粒で学習に必要な栄養素を摂取出来る
  • 学習力アップの視点で各栄養素を配合
  • 個別包装で安定した品質を保つ
  • α-GPC、ビタミンB群、イチョウ葉エキス、フェルラ酸、カンカエキス、バコパモニエラエキスなど、学習をサポートする成分も配合。
  • リピート率が高く、満足度、人気度1位。

 

といった感じです。


 

価格 通常購入の場合17600円
評価
備考 定期コースは50%オフの8800円 送料無料

幼児用DHAサプリメント2位 Dr.Dekisugiの総評

 

他の製品に比べてDHA・EPAの量が圧倒的に多いサプリメントです。
もちろん幼児でも安心して服用出来ますが、どちらかと言うと小学生低学年以上のお子さん向けのサプリメントでしょう。
学習アップサプリメントとして特化されていますので受験を控えたお子さんに最適です。
価格は少し高めですが、定期コースでずっと半額で購入し続けられます。
また電話1本で変更・休止・解約等が出来ます。

 

 

幼児用DHAサプリメント3位

【DHA&EPAオメガプラス】

 

幼児用DHAサプリメント3位 DHA&EPAオメガプラス の特徴


DHA&EPAオメガプラスの特徴は、

 

  • 6粒あたりのDHAの配合量364.5r、EPAの配合量127.5r、DHA、EPA100rあたり15円とコストパフォーマンスが圧倒的に高い
  • DHA、EPA以外の成分として亜麻仁油、クリルオイル、アスタキサンチン(ヘマトコッカス藻色素)、スクワレン(鮫の肝油)を配合
  • お魚をあまり頻繁に取らない、食生活が少し気になるというご家庭向け
  • 成人病予防、美容にも効果が期待できる
  • DHAの配合量が多いのでお子様の学習能力を高めるのに有効
  • GMP認定を受けた国内工場で製造、厳選された材料と、製造・品質管理は万全
  • 放射能・水銀等の徹底検査

 

といった感じです。


 

価格 通常購入の場合1851円
評価
備考 定期コース1666円(10%オフ)

幼児用DHAサプリメント3位 DHA&EPAオメガプラスの総評

 

このDHAサプリメントは特に幼児用ということではありませんが、DHA、EPAの含有量はDr.Dekisugiに匹敵する量です。
値段もお手頃で、DHA、EPAのコストパフォーマンスが高いサプリメントです。
ほんのり甘い味でもちろんお子様でも大丈夫だと思います。
大人の方にも、お子さんにも有効なDHAサプリメントだといえます。
続けるなら2ヶ月ごとに3袋コースが一番オトクです。

幼児にDHAサプリを与えても大丈夫?

まだ幼いお子さん、幼児にDHAのサプリメントを与えても副作用は無いのでしょうか?
また毎日どのくらい与えれば良いのでしょうか?

 

DHAと言うのは脳細胞の育成増進作用があります。
幼いお子さんには最も摂ってもらいたい栄養成分の1つですね。
現在は、食生活がかなり欧米化してしまったせいか、日本においても魚離れが顕著です。
調査によればDHAをちゃんと摂取できている若年層が少なくなっているそうなんです。
大体、厚労省推奨の半分に満たない量しか摂れていないそうです。
これはもちろん私達大人も同様です。

 

私達大人の場合、DHAを効率的にカバーするために栄養補助食品やサプリメントを利用します。
ですが、基本的に小さい子にサプリメントって使って良いのか判断がつかないことがありますよね。
また、子供の脳に良いと言いましてもサプリメントだと取り過ぎになってしまうのでは?
というご両親もいらっしゃることと思います。

 

お子さんがDHAサプリメントを使用する場合の気掛かりな要素は何でしょうか?
そもそもDHAという成分は子供に副作用などはないのでしょうか?
結論から言いますと、DHAは、おっぱいや粉ミルクにも内包している素材なのでご安心下さい。
脳の生育段階において絶対必要な栄養分です。
DHAが脳の神経細胞に働き情報の伝送をスムーズにしてくれます。
ですから、成長期にきちんとDHA補給することによって、健全な脳が育ちます。

 

副作用ってあるの?
DHAはマグロの他、アジやイワシ、サバなど一般的な魚類に含まれている成分です。
現在までもとりわけトラブルとなった副作用や健康被害はありません。
安全性が高い栄養成分であると考えられます。
ただし、何か飲んでいるクスリや持病などを持つケースは、大事をとってお医者さんに相談をした後で服用するようにしましょう。

 

毎日の飲む量はどの程度?
厚生労働省の食事摂取基準では、DHA・EPAの摂取量が1日1gを上まわることを目標値として設定されています。
これは18歳以上の場合です。
魚で換算しますと1日90g以上の摂取が好ましいそうです。
乳幼児に関しましては目標量といった設定は無く、3〜12歳の子供を例にするとおおよそ目安として、1日約150mg摂り込むようになっています。

 

この何年かで、飲みやすいように処理された子供用のDHAサプリメントや、栄養分を沢山取り込んだお菓子などが発売されるようになりました。
1日の食事内容で満たせない栄養素をフォローするように賢く利用するのも良いと思います。


DHAが脳に与える良い影響について

DHAというと、頭を良くする成分だとご存知の方も結構多いと思います。
ネットや雑誌などでよく特集されていますからね。
DHAの研究の歴史は意外と古くからされています。
そして普段の食事によって脳の中に含まれるDHAの量も変わってくることがわかっています。
なぜDHAは頭にとって良いとされるのでしょうか?

 

脳細胞の脂質にはおよそ10%のDHAが含まれています。
さらに脳の器官で海馬と言う部分にはその2倍のDHAが存在します。
海馬というのは記憶力や学習能力を司る大事な器官です。
人が青魚などからDHAを摂取すると、優先的に脳細胞に供給されます。
脳細胞に供給されたDHAは主に神経細胞の膜を柔らかくする働きがあります。
神経細胞とは情報の伝達をする器官です。

 

この神経細胞の先端をシナプスといい、他の神経細胞と情報のやりとりをしています。
シナプスの細胞膜がDHAの作用によって柔らかくなり、情報伝達がスムーズになります。
これによって、記憶力や学習能力が高まります。
いわゆる頭が良いとか、痴呆になるのを防ぐといった効果が期待できるのです。
DHAが不足するとやはりこういった機能、能力が鈍くなってしまいます。

 

DHAは脳細胞の機能を正常に保ち、強化するという大事な効果があるのです。

日本人の平均的なDHA摂取量

厚生労働省はDHAの摂取目安を1日あたり1000rとしています。
1000rとは1グラムのことです。
ところが現代日本人のDHA摂取量は厚生労働省の推奨目安を大幅に下回っています。

 

特に不足が目立つのが10歳からの成長期の子供達、20代から40代の働き盛りの方々です。
男女共に摂取目安の20%から30%しか摂れていないのが現状です。

年齢 男性 女性
10歳〜11歳 約0.21g 約0.18g
12歳〜14歳 約0.2g 約0.2g
15歳〜17歳 約0.3g 約0.5g
18歳〜29歳 約0.2g 約0.18g
30歳〜49歳 約0.33g 約0.23g
50歳〜69歳 約0.73g 約0.59g
70歳以上 約0.78g 約0.60g

(厚生労働省発表 日本人の食事摂取基準(2010年版)より)

 

50代以降の方々のDHA摂取量は10代〜40代の方より多めです。
魚を食べる量が若い人ほど少なくないせいでしょうか。
それでもやはり推奨目安の半分ほどと、日本人のDHA摂取量はかなり低めですね。

 

やはり普段の食事をかなり意識して積極的に魚料理を摂るように心がけたいものです。
しかしそれがなかなか難しいのも現実でしょう。
サプリメントによってDHAを補うのが賢い選択だと思います。
特に摂取量が著しく少ない幼児や10代からのお子さんを持つご家庭では利用すべきだと思います。
DHAの不足が継続すると、前述したとおり脳細胞の発達や記憶・学習に悪影響が出るのは間違いなさそうです。
また20代〜40代の方の不足もやはり心配です。
この年代の方はDHAと共にEPAの摂取も不足しています。
EPAはDHAと同じ青魚に多く含まれていますが、こちらの働きは脳ではなく血液です。
血液をサラサラにする効果があります。
成人病を防ぐために是非とも摂取したい成分です。